公開履歴
薬を飲んでいる男性

男性であれば気になるのが、勃起不全であるインポテンツは男親から遺伝するものなのかと言うことです。
結論から言うと、インポテンツそのものが遺伝すると言うことはありません。
自分の父親と勃起についてのことを話すと言う人は、あまり多くないと思われますが、仮に父親がインポテンツであっても子供である自分にそれが遺伝されると言うことはないので安心して下さい。
ただし気をつけたいのは、体質としてインポテンツになりやすい体質と言うものは遺伝される可能性があると言うことです。
インポテンツが発症する原因には、心因性のものと器質性のものが挙げられます。
心因性とは、性的な事柄に対する意識の持ち方、あるいは日々のストレスや悩み事が原因になっている場合です。
これは遺伝との関係は薄いですが、ただ物事に対する考え方やストレスとの付き合い方などは、ある程度、親の影響を受けるものだとは言えます。
そして遺伝との関係が深くあるのが、器質性です。
この器質性には、たとえば糖尿病や高血圧と言った疾病による神経系や血管の状態、機能が低下することが挙げられます。
糖尿病や高血圧は生活習慣病です。
ですから第一には、自分で生活習慣に配慮することが重要となります。
しかしこの中でも高血圧に関しては、片親、もしくは両親が高血圧である子供は、そうでない子供に比べると高血圧になる素因を持つ確率が高くなることが明らかにされています。
そして高血圧は合併症として糖尿病、更には糖尿病と同じようにインポテンツの器質性原因のひとつである血管にダメージを与え、血流を滞らせる動脈硬化を引き起こすこともあります。
ですから、父親や母親、あるいはそのどちらもが高血圧であると言う人は、そうでない人に比べるとインポテンツになりやすい体質を遺伝として持っていると言うことになります。

記事一覧
インポテンツの治療薬の安全性とそれぞれの違い 2020年06月18日

インポテンツの治療薬は勃起状態を維持する効果がありますが、血圧を低下させる作用があるので、他の薬との飲み合わせに注意が必要ですが、概ね安全性が高いとされています。インポテンツの治療薬は現在3種類が日本で販売されていて、それぞれ違う特徴を持っているので、主治医にしたがって適切な薬を選択する必要がありま...

インポテンツ改善にはカベルタとシアリス 2019年12月23日

勃起は男性の自信の象徴とも呼べるもので、上手く勃起ができない、または勃起してもすぐに萎えてしまうというインポテンツは、大きな悩みの種と言えます。インポテンツを改善するためには、日々の生活習慣の見直しや、体調管理が大切となりますが、カベルタやシアリスといった治療薬で勃起をサポートすることも可能です。シ...

インポテンツを改善できる人気のタダリスSX 2020年05月15日

インポテンツになった男性は、早く治したくても、なかなか人には相談できないので、インターネットの裏情報などで改善策を調べる方が多くいます。一般的な情報だと、病院へ行って、バイアグラなどのED治療薬を処方してもらうことを勧めている人が多いですが、裏情報を読むと、病院の薬よりも安い、ジェネリック医薬品を勧...

ED治療薬は正しく服用して効果を得よう 2020年04月12日

薬にはそのままで飲む方が安全な物と、粉砕しても良い物があります。インポテンツの改善の為に服用する物に関しては、できればそのままの状態で、無理な場合は粉砕しても良いのですが、その場合は効果の出方が錠剤のまま服用する場合とは大きく違うという事を理解しておかなければいけない場合があります。安全に利用する為...

性に関する悩みは男性だけのものじゃない? 2020年02月07日

男性器の匂いがきつい、人と比べて分泌液の量が多い、他人と比べても悩みが尽きないのがインポテンツの悩みです。インポテンツの悩みについては、ルックスを良くし、場数を踏んでいて、パートナーの間に信頼関係ができていれば「負けた気がして悩む」ことは少なくなるはずです。人と比べて匂いがきつい、汗や分泌物が多量で...

もしもなってしまったら…インポテンツは薬で治る! 2020年01月18日

インポテンツとは勃起不全を意味する言葉です。また症状に対する理解を共通化するために、満足な性交渉を行うのが難しいくらいの勃起障害と解釈されることもあります。これが発症する原因は様々あります。まずは心因性のもので、これはたとえば性的事象に対して嫌悪感があったり、プレッシャーがあったりすることが挙げられ...

生涯現役は可能?インポテンツにならずに年をとれ! 2019年12月31日

AV男優の中には80歳を超えても現役で活躍している方がいます。勃起力は加齢により減退していきますが、皆が同じスピードで減退するわけではありません。若くして急激に減退する方もいれば、年齢に比例して緩やかに減退していく方もいます。後者に関しては年齢的な問題なので、食い止めることはできませんが、前者は生活...