• ホーム
  • 生涯現役は可能?インポテンツにならずに年をとれ!

生涯現役は可能?インポテンツにならずに年をとれ!

多様な薬

AV男優の中には80歳を超えても現役で活躍している方がいます。
勃起力は加齢により減退していきますが、皆が同じスピードで減退するわけではありません。
若くして急激に減退する方もいれば、年齢に比例して緩やかに減退していく方もいます。
後者に関しては年齢的な問題なので、食い止めることはできませんが、前者は生活改善などによりスピードを抑えることができます。

規則正しい生活を送っていれば、50代以降でも現役で活躍できるのです。
30代~40代でインポテンツに悩んでいる方は、生活が乱れていることが多いです。
そのため、インポテンツを発症している方は、生活習慣病も併発していることが多いのです。
特に肥満は勃起力を減退させやすいので注意が必要です。
体脂肪を大量に蓄えていると、血中脂質も多い状態となります。
血液の粘度が高くなると、スムーズに流れることができません。
すると性的興奮を覚えたとき、即座にペニスを硬くできない、もしくは硬さが不十分になってしまうのです。

人間の身体は不健康な状態を記憶するものです。
喫煙を例にしても、長年喫煙をしていた方が50歳になってから禁煙するより、最初から喫煙しなかった人のほうが健康体を維持できます。
中高年になってから生活習慣を整えるよりも、若いころから生活に気を配っていたほうが将来のインポテンツの発症率は低くなります。
インポテンツは突発的に発症することは滅多にありません。
あるとすれば、女性からペニスのコンプレックスを指摘されたときくらいでしょう。
インポテンツは少しずつ進行し、勃起時の硬さや角度を減退させていきます。
ペニスの衰えを実感したら、すぐに対策を始めることです。
生活改善をしなければ、症状は進行するだけです。

関連記事
インポテンツ改善にはカベルタとシアリス 2019年12月23日

勃起は男性の自信の象徴とも呼べるもので、上手く勃起ができない、または勃起してもすぐに萎えてしまうというインポテンツは、大きな悩みの種と言えます。インポテンツを改善するためには、日々の生活習慣の見直しや、体調管理が大切となりますが、カベルタやシアリスといった治療薬で勃起をサポートすることも可能です。シ...

もしもなってしまったら…インポテンツは薬で治る! 2020年01月18日

インポテンツとは勃起不全を意味する言葉です。また症状に対する理解を共通化するために、満足な性交渉を行うのが難しいくらいの勃起障害と解釈されることもあります。これが発症する原因は様々あります。まずは心因性のもので、これはたとえば性的事象に対して嫌悪感があったり、プレッシャーがあったりすることが挙げられ...